くらし情報『『翔んで埼玉』の世界はこうして作られた! 美術・あべ木陽次氏の秘話』

2020年3月13日 08:00

『翔んで埼玉』の世界はこうして作られた! 美術・あべ木陽次氏の秘話

『翔んで埼玉』の世界はこうして作られた! 美術・あべ木陽次氏の秘話

『パタリロ!』の作者でもある魔夜峰央氏の人気漫画を、『テルマエ・ロマエ』シリーズの武内英樹監督が実写映画化し、昨年公開された『翔んで埼玉』。埼玉県民が東京都民から虐げられている架空の世界を舞台にした本作は、口コミで火が付きロングランヒットを記録した。

さらに第43回日本アカデミー賞では優秀作品賞を含む最多となる12部門で優秀賞、監督賞・脚本賞・編集賞の3部門で最優秀賞を受賞! そんな『翔んで埼玉』の主演・二階堂ふみ、GACKTらの振り切った演技を支え、本作の世界観を作り出した美術担当のあべ木陽次氏にインタビュー。近年の映画では『マスカレード・ホテル』『コンフィデンスマンJP』『記憶にございません!』なども手掛けているあべ木氏に、『翔んで埼玉』がどのように作られたのか聞いた。

○■このなんとも言えない世界観をどうやってビジュアルに

――日本アカデミー賞優秀美術賞受賞、おめでとうございます。

正直、連絡を受けたときは、「え!!」って感じでした(笑)。まったく想像していなかったので。作品を観ていただけただけでも奇跡というか。原作のコアなファンと怖いもの見たさで埼玉県の方々が観てくれる作品だと思っていたんです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.