くらし情報『東出昌大、不倫発覚後初の公の場 映画トークイベントに登場』

2020年3月17日 13:21

東出昌大、不倫発覚後初の公の場 映画トークイベントに登場

東出昌大、不倫発覚後初の公の場 映画トークイベントに登場

俳優の東出昌大が17日、都内で行われた映画『三島由紀夫 vs 東大全共闘 50年目の真実』(3月20日公開)公開直前トークイベントに登場。今年1月に女優の唐田えりかとの不倫が原因で、妻で女優の杏と別居中であることが報じられて以降、初の公の場となった。

東出は冒頭、「本作でナレーションを務めました東出昌大です。本日はよろしくお願いします」と挨拶。監督の豊島圭介氏とともに、三島由紀夫の印象などについてトークを繰り広げた。

先月18日には、妻の杏が報道後初めてイベントに登場。「いろんなことでお騒がせしておりまして、いろいろな方にご迷惑をおかけして大変申し訳ありません」とお詫びし、「今後のことにつきましては、またゆっくり考えさせていただきたいので。小さな子供たちがおります。どうかそっとしておいてください」と語っていた。

本作は、1969年5月13日に東京大学駒場キャンパス900番教室で行われた作家・三島由紀夫と東大全共闘との伝説の討論会の様子を軸に、三島由紀夫の生き様を映したドキュメンタリー映画。東出は、三島由紀夫が書き上げた日に生涯を閉じた、“最後の”長編小説『豊饒の海』の舞台化作品にも出演し、多くの三島作品を読破していることから、製作陣がナレーターとしてオファーした。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.