くらし情報『米ハーバード大学院日本人留学生に"奨学金"、1人最大「2000万円」--ユニクロ』

2014年9月18日 17:48

米ハーバード大学院日本人留学生に"奨学金"、1人最大「2000万円」--ユニクロ

米ハーバード大学院日本人留学生に"奨学金"、1人最大「2000万円」--ユニクロ
ファーストリテイリンググループのユニクロは18日、次世代を担う若手人材の育成支援を目的として、米国ハーバード大学院の日本人留学生を対象とした奨学金プログラムを創設すると発表した。これにより、有望な人材が個人の経済事情に関わらず、世界トップレベルの教育機会を得られるよう支援するという。

対象は、米国ハーバード大学の経営大学院Harvard Business Schoolおよびデザイン大学院Harvard Graduate School of Designに入学する日本人私費留学生。2015年9月から3年間にわたって、各大学院とも毎年1人、計6人の留学生に対し、総額最大120万米ドル(約1億2,000万円)の奨学金を提供する。

経営大学院留学生には、1人当たり最大20万米ドル(約2,000万円)をユニクロが直接供与する。一方、デザイン大学院については、3年間で60万米ドル(約6,000万円)をファーストリテイリング代表取締役会長兼社長の柳井正氏が個人として大学院が運営する奨学金に寄付し、大学院の奨学金プログラムを通して学生に支給する。

選考は面接と書類審査。経営大学院奨学生の最終面接は、柳井氏とHarverd Business Schoolの竹内弘高教授が選考官を務める。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.