くらし情報『大きくなった「iPhone 6」は落としやすい? 万が一に備えて、3キャリアの修理サポートをチェックしてみた』

2014年9月26日 13:00

大きくなった「iPhone 6」は落としやすい? 万が一に備えて、3キャリアの修理サポートをチェックしてみた

大きくなった「iPhone 6」は落としやすい? 万が一に備えて、3キャリアの修理サポートをチェックしてみた
主要3キャリアが9月19日より販売を開始した「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」だが、すでに購入した人や、これから機種変更したいと考えている人も多いだろう。今回の新型iPhoneは、iPhone 6が4.7インチ、iPhone 6 Plusが5.5インチと、従来よりも大画面化したことが特長。動画やゲームなどを迫力ある大画面で楽しめるのが魅力だが、一方で、端末本体のサイズも従来より一回り、二回り程度大きくなったことで、思わぬトラブルも起きているようだ。

Twitterなどのソーシャルメディア上では、iPhone 6/6 Plusを早くも落下させて、画面を割ってしまった人の報告などを見ることができる。大きくなったiPhoneをこれまでと同じ感覚で持った結果、落下させてしまうといったケースもあり、持ち方には工夫が必要と言えるだろう。

iPhoneの画面割れや水濡れなどのトラブルはできれば避けたいところだが、万が一、修理が必要なトラブルに見舞われたときのキャリアのサポートはどうなっているのだろうか。本稿では、ドコモ、KDDI、ソフトバンク3社のiPhone修理時の補償サービスについてチェックしていきたい。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.