くらし情報『コンビニ淹れたてコーヒーの元祖! - スリーエフのコーヒーがスゴイ!』

2014年1月9日 13:21

コンビニ淹れたてコーヒーの元祖! - スリーエフのコーヒーがスゴイ!

コンビニ淹れたてコーヒーの元祖! - スリーエフのコーヒーがスゴイ!
コンビニエンスストアの淹れたてコーヒーが人気となっているが、その先駆けともいえるのが2005年5月にスリーエフがファストフード強化型の実験店舗「gooz」(グーツ)にて開始した「gooz COFFEE」(グーツカフェ)だろう。元祖コンビニの淹れたてコーヒーは、どのような目的やコンセプトを持って始まったのか、スリーエフの広報に尋ねてみた。

goozは、従来のコンビニに不足している"出来立て感"を訴求する店舗として、ベーカリー・弁当・おにぎり・惣菜などのファストフード(FF)を店内調理して提供するFF強化型フォーマット。2004年2月に第1号の「いちょう並木通り店」(横浜市中区)がオープンし、立地別のメニュー開発といった実験も行われながら現在は4店舗を展開中。ご飯の種類や総菜などを自分で選べる「セレクトランチ」(550円)や、焼きたてパン、おにぎりなどが好評とのこと。

gooz COFFEEは、この業態に淹れたてコーヒーが必要な商品だとして2005年5月に導入。本格ドリップ抽出、多数のストレート、ブレンドコーヒーなどから好みのテイストが選べ、オリジナルブレンドも作れるサービスを提供している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.