くらし情報『宮沢氷魚「熱量に感激」 レプロ主催の映画コンペ、グランプリ6作品決定』

2020年4月21日 18:00

宮沢氷魚「熱量に感激」 レプロ主催の映画コンペ、グランプリ6作品決定

宮沢氷魚「熱量に感激」 レプロ主催の映画コンペ、グランプリ6作品決定

長谷川京子、新垣結衣らが所属する芸能事務所・レプロエンタテインメント主催の映画プロジェクト「感動シネマアワード」のグランプリ6作品が21日、発表された。

同プロジェクトでは「画一的な感動」ではなく、さまざまなニュアンスを含むような「観客の心を揺さぶる映画」を目的として、1つはレプロエンタテインメント所属の新進気鋭の俳優6名(宮沢氷魚・福地桃子・堀家一希・うらじぬの・山崎果倫・植田雅)から1名を主演に想定した企画、もう1つは応募者自ら主演・プロデュースする企画を全国から募集。受賞作は、同社の出資により映画化される。

制作が決定したグランプリ作品は、レプロ所属俳優を起用した企画の6作品。現在出版社で漫画編集者として働く葛里華(かつ・りか)監督が書き上げた『はざまに生きる、春(仮)』で主演を務めることが決まった宮沢氷魚は、「初めて脚本を読んだ時から引き込まれ、作品を手がけた葛里華さんともお話をして、彼女の熱量に感激しました。共にすばらしい作品を生み出したいと思います」と意気込む。

一方、2018年公開の初長編映画『真っ赤な星』で劇場デビューを果たした井樫彩(いがし・あや)監督による『あの娘は知らない(仮)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.