くらし情報『ソロシネマ宅配便 第5回 仲里依紗が魅せる2010年代最強のアイドル映画『時をかける少女』』

2020年4月24日 10:00

ソロシネマ宅配便 第5回 仲里依紗が魅せる2010年代最強のアイドル映画『時をかける少女』

ソロシネマ宅配便 第5回 仲里依紗が魅せる2010年代最強のアイドル映画『時をかける少女』

過去を振り返るとき、5年じゃ近すぎて、20年じゃ遠すぎる。

だから、「10年」という時間の経過は絶妙だ。プロ野球でも10年前なら懐かしい名前と今の主力の若手時代が共存している。2010年の巨人で言えば、ラミレスやクルーンや東野峻がいる一方で、まだ20代の坂本勇人や亀井善行もいるあの感じ。人間関係だって、5年前ならまだちょっと生々しいし、逆に20年は長くて美化された嘘の記憶になっちまう。何事も10年くらいなら、リアルとファンタジーの狭間でちょうどよく笑って振り返れる。

映画体験も似たようなものだ。2010年の4月、会社帰りにシネスイッチ銀座で1本の映画を見た。仲里依紗主演の『時をかける少女』である。なんでこの映画を選んだのかは記憶にない。筒井康隆の有名すぎる原作小説はどこかで読んだ気もするし、定期的に映像化されていた映画やドラマも熱心に追っていたわけじゃない。仲里依紗が主人公の声優を担当した2006年のアニメ映画版は、レンタルDVDで見たような気がする。

…にもかかわらず、2010年版を劇場で見て、一発で仲里依紗の大ファンになってしまった。「やべぇよこれ最強のアイドル映画じゃねえか」

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.