くらし情報『ザ・ローリング・ストーンズ、8年ぶり新曲を世界同時配信 4人からメッセージも』

2020年4月24日 03:14

ザ・ローリング・ストーンズ、8年ぶり新曲を世界同時配信 4人からメッセージも

ザ・ローリング・ストーンズ、8年ぶり新曲を世界同時配信 4人からメッセージも

英ロックバンドのザ・ローリング・ストーンズが日本時間24日、約8年ぶりとなる新曲「リヴィング・イン・ア・ゴースト・タウン」を世界同時配信リリースした。また、同日日本時間3時には、公式YouTubeでオフィシャル・ビデオも公開した。

ミック・ジャガー&キース・リチャーズによるストーンズらしさ全開の同楽曲は、オリジナルとしては2012年の「ドゥーム・アンド・グルーム」と「ワン・モア・ショット」以来8年ぶりとなる新曲。ニュー・アルバム用に取り組んでいた楽曲を、この機にメンバー各自が個別に作業を行って仕上げ、全世界に向けて発信することになった。

新曲について、メンバーもそれぞれメッセージを寄せた。

ミック・ジャガー「ロックダウンの前に、ストーンズはスタジオで新曲をレコーディングしていた。その中に、いま現在の状況に共鳴するような曲があったんだ。だから、それぞれが個別に作業してこの曲を仕上げた。その曲がこの『リヴィング・イン・ア・ゴースト・タウン』だ。気に入ってもらえると嬉しいよ」

キース・リチャーズ「長い話を短く説明しよう。この曲は1年以上前にLAでレコーディングしていた。以前から作業しているニュー・アルバムに入る予定の曲だった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.