くらし情報『ローソンのおにぎりに、"温めて美味しい"「おこわ」と「赤飯」が新登場』

2014年10月14日 16:20

ローソンのおにぎりに、"温めて美味しい"「おこわ」と「赤飯」が新登場

ローソンのおにぎりに、"温めて美味しい"「おこわ」と「赤飯」が新登場
ローソンは10月14日、"温めて美味しい"おにぎり商品として、「中華ちまき風おこわ」(税込139円)「鶏ときのこのおこわ」(税込139円)「十勝小豆たっぷり赤飯」(税込129円)の3種類を発売した。販売店舗は、沖縄を除く全国のローソン店舗(10,640店:2014年8月末現在/「ローソンストア100」「ローソンマート」を除く)。

今回発売する3商品は、粒立ちが良く時間が経っても硬くなりにくいもち米「北海道産風の子もち」を使用。また、レンジで温めた際に発生する水分がもち米につかないようにするため、余分な水分を排出するパッケージを新たに開発したとのこと。

中華ちまき風おこわは、専門店で人気の中華おこわをおにぎりにした商品。2回に分けて蒸すことで、"味"と"香り"の両方を楽しめるという。

鶏ときのこのおこわは、舞茸・椎茸・鶏肉をもち米と一緒に蒸して米に旨みを凝縮させ、2度目に蒸す際にきのこの風味を引き立たせるタレで仕上げた。なお、11月17日までの期間限定販売となる。

十勝小豆たっぷり赤飯は、十勝産の小豆を100%使用した赤飯おにぎり。小豆の煮汁を使ってもち米を蒸しあげ、表面に粒の大きい塩を使ったごま塩をふりかけている。同商品は、青森地区のみ商品仕様・売価が異なるとのこと。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.