くらし情報『東京都豊島区に、四季の旬菜料理と国産ワインが楽しめる「あえん」オープン』

2014年10月20日 22:10

東京都豊島区に、四季の旬菜料理と国産ワインが楽しめる「あえん」オープン

東京都豊島区に、四季の旬菜料理と国産ワインが楽しめる「あえん」オープン
モスバーガーを展開するモスフードサービスの100%出資子会社、モスダイニングは11月20日、「あえん目白店」を、同日にオープンする商業施設「トラッド目白」内に新規出店する。

○四季の旬菜料理と希少な国産ワインが楽しめる

同店は、"里山の恵み"をキーワードとした、四季の旬菜料理と国産ワインが楽しめるレストラン。

全国3,400軒以上の協力農家のネットワークをもつ同社グループの強みを生かして仕入れたこだわり野菜を使用し、素朴な味わいや雰囲気、そして季節の移り変わりを、四季の旬菜料理を通して楽しめるという。また、ワインは日本の料理との相性を考え、国産ワインに限定。全国各地で仕入れた希少ワインも随時数量限定で用意する。

料理のコンセプトは「野菜と豚とわっぱめし」。旬の野菜そのものの味わいを生かした「旬野菜まず一品」に代表される旬菜料理や、栃木県産「桜山豚(オウシャントン)」の上品なうまみを存分に楽しめる「豚しゃぶ」などの豚肉料理、千葉県産のコシヒカリ玄米を使った、あえんオリジナルの「玄米わっぱめし」を中心に用意する。

「桜山豚」は、脂肪質のうまさと肉の柔らかさが特徴の中国太湖豚系の原種豚の梅山メイシャン豚トンと、良質な赤身をもつイギリスのケンボロー豚をバランスよく交配させた豚。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.