くらし情報『つらい生理痛とサヨナラするための上手な鎮痛薬の飲み方』

2014年10月21日 08:00

つらい生理痛とサヨナラするための上手な鎮痛薬の飲み方

つらい生理痛とサヨナラするための上手な鎮痛薬の飲み方
大事な仕事のプレゼンテーションや楽しみにしている旅行当日に、下腹部がギュッと痛んだら気分が台無しだ。生理痛はタイミングを選んでくれないが、その痛みを和らげるための手段の一つに鎮痛薬がある。では、飲む際にはどこに気をつけたらよいのだろうか。

今回は、鎮痛薬の飲み方についてライオンのヘルスケアマイスター・山岸理恵子さんに話を伺った。

○「痛い」と感じたらすぐに服用する

女性にとって、とても憂うつになる生理の痛み。そんなときに活躍してくれるのが鎮痛薬だが、山岸さんは「痛みが本格的になってからよりも『ちょっと痛くなった』というときに早めに服用するのがベスト」と話す。

「鎮痛薬には、生理痛の原因である痛み物質(プロスタグランジン)の産生を抑える効果があるため、痛みを感じたら早めに飲むことをお勧めします。痛みを我慢して耐え切れなくなってからでは、痛み物質が大量に出た後になってしまうので、鎮痛薬が効きにくくなります」。

生理初日から痛みやすい人は始まるのと同時に服用し、2日目から痛みだす人は2日目から飲むなど、いつごろ痛みが起こりやすいのか、自分の生理痛のタイプを把握しておくことも大切。体のサイクルに合わせて、自分にとってよいタイミングで服用することが痛みを少なくする秘訣(ひけつ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.