くらし情報『中田英寿ら以来の代表ピッチを目指す"史上最強のベルマーレ"の若武者4人』

2014年10月22日 08:00

中田英寿ら以来の代表ピッチを目指す"史上最強のベルマーレ"の若武者4人

中田英寿ら以来の代表ピッチを目指す"史上最強のベルマーレ"の若武者4人
J1昇格切符獲得とJ2制覇。今シーズンの目標を成就させた湘南ベルマーレの挑戦は、次なるステージへ移る。J1でどれだけ暴れられるか。アギーレジャパン入りを果たす選手が生まれるか。可能性を秘めた4人の選手に、日本代表入りへの決意を聞いてみた。

○アギーレジャパンと湘南スタイルの共通点

平塚の夜空に覇者たちの咆哮(ほうこう)が響く。ベルマーレ平塚から湘南ベルマーレにチーム名が改称されてから、15年目にして初めて獲得したタイトルの証しがカクテル光線に誇らしげに映える。

Jリーグの村井満チェアマンから贈られたティファニー社製の優勝シャーレ(銀皿)を掲げながら、キャプテンのMF永木亮太がホームのShonan BMWスタジアム平塚を埋めたサポーターたちとJ2制覇の喜びを分かち合った。

V・ファーレン長崎との第37節終了後に行われた優勝セレモニー。J1復帰に続く目標を成就させたベルマーレの視線は、次なる「頂」となる日本代表入りへと向けられている。背番号「10」を託されて3シーズン目となる23歳のMF菊池大介は、イレブンの気持ちを代弁するように語る。

「アギーレ監督のコンセプトやスタイルは自分たちのサッカーに似ていますし、その意味では僕たち全員にチャンスがあると思っています」。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.