くらし情報『謎に包まれた米空軍の宇宙往還機X-37B - その虚構と真実 (3) 3度の飛行だけでスペースシャトルの総飛行日数を超えたX-37B』

2014年10月23日 14:01

謎に包まれた米空軍の宇宙往還機X-37B - その虚構と真実 (3) 3度の飛行だけでスペースシャトルの総飛行日数を超えたX-37B

謎に包まれた米空軍の宇宙往還機X-37B - その虚構と真実 (3) 3度の飛行だけでスペースシャトルの総飛行日数を超えたX-37B
X-37B、宇宙へ

計画の始まりから10年以上を経て、ついにX-37Bが宇宙へ飛び立つときがきた。

2010年4月22日、X-37Bの1号機を載せたアトラスVロケットは、フロリダ州にあるケープ・カナヴェラル空軍ステーションを離昇した。このとき使われたアトラスVは501という構成で、この機体はロケットの直径よりも一回り太い衛星フェアリングを装備しているうえに、固体ロケット・ブースターを持たないため、頭でっかちな形をした機体が長大な炎をなびかせつつ、ゆっくりと上昇していくという少し不思議な光景が見られる。このあたりも、盛大に煙を吐き出しながら豪快に飛んでいくスペースシャトルと対照的だ。

その後、打ち上げを担当したユナイテッド・ローンチ・アライアンスと米空軍は、打ち上げは成功したという声明を発表した。しかし、X-37Bは機密扱いになっているため、投入された軌道については明らかにされなかった。

だが世の中には、地球周辺を飛び交う人工衛星を日夜、自宅の望遠鏡を使って観測している愛好家が存在する。そして彼らの世界的なネットワークによって、X-37Bの軌道はおおよそ特定されることとなった。もっとも、彼らによって軌道が特定されてしまうことは、米空軍らにとっても織り込み済みであっただろうし、また特定されたからといって、何か具体的な影響ができるわけでもなかった。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.