くらし情報『「美人すぎるカープ女子」が泣けるほどうまい「広島泣きメシ」に舌鼓』

2014年10月24日 11:02

「美人すぎるカープ女子」が泣けるほどうまい「広島泣きメシ」に舌鼓

「美人すぎるカープ女子」が泣けるほどうまい「広島泣きメシ」に舌鼓
広島県はこのほど、「広島県×和民『泣けるほどウマイ! 広島泣きメシ』全国展開発表・試食会」を都内にて開催。広島東洋カープが大好きな女性「カープ女子」も同イベントに参加し、広島県グルメをPRした。

「泣きメシ」とは、「泣けるほどいまい広島県の食事」を表す言葉。今回、広島県とワタミフードサービスがコラボレーションし、10月29日より全国325店舗(10月21日時点)の「和民」と「坐・和民」で本格的に展開を開始する。「広島県産 焼き牡蠣 醤油バター」(税別190円/1個)や「和民の汁なし坦坦麺」(税別590円)などの「泣きメシ」を販売していく予定だ。

当日は「カープ女子」の天野恵さんと古田ちさこさんがイベントに参加し、「泣きメシ」にトライした。

広島県広島市出身で「(カープの)にわかファンではないです! 」と公言する天野さんは、「中華そば くにまつ (國松)」とコラボレーションした「和民の汁なし坦坦麺」が特に気に入った様子。

「地元では並ばないと食べられないんですが、それが全国で食べられること、また、お店なので並ばなくてもいいっていうのは魅力的ですね。今回の開発でアレンジもされているようなので、それも食べる楽しみになります」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.