くらし情報『「3年も働きません!」 (4) 異国での教師生活を辞める26歳女性(後) - これからもっと傷つきやすい若者が増える』

2014年10月27日 08:00

「3年も働きません!」 (4) 異国での教師生活を辞める26歳女性(後) - これからもっと傷つきやすい若者が増える

「3年も働きません!」 (4) 異国での教師生活を辞める26歳女性(後) - これからもっと傷つきやすい若者が増える
「『3年で辞める若者』『3年は続けろ』と言われるけれど、現実に3年前後で退職・転職した人たちは何を考え、どう過ごしているか」がテーマのこの連載。今回は「タイで子どもに勉強を教える26歳の女性」にインタビューしました。

○タイで働いてみて就活生の企業選びで大切だと思うこと

--働いてみてかなり考え方が変わったんですね。就活時の企業の選び方についてはどう思いますか

最初は福利厚生やお金で考えがちです。それもよくわかりますが、大切なのは人と環境ではないかとタイに来てから思いました。

--離職の原因で最も多いのが人間関係と言われますよね

人間関係ばかりは働かなければ分かりません。

でも、働く環境は就活生でも見ることができます。使っているパソコンだとかトイレだとか喫食スペースの有無だとか、そういった設備関係が意外と大事ではないでしょうか。こちらの環境は日本と比べると落差があるので、大事なことだと思うようになりました。「長く働きたい」というなら、1日の大半を過ごすところなので重視してもいいと思います。

--『会社での生活』ですね。そういう部分から、何にお金を使うか、何を大切にする会社かも見えてくることもありますね

○3年で辞める若者として思うこと

--タイに来て2年で会社を辞めるということは『3年でやめる若者』になろうとしているわけですが、他の『3年でやめる若者』についてどう思いますか

何も「働くのが嫌でやめる」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.