くらし情報『岡田将生が志尊淳の胸に手を当て…映画『さんかく窓』話題の除霊シーン公開』

2020年6月9日 16:35

岡田将生が志尊淳の胸に手を当て…映画『さんかく窓』話題の除霊シーン公開

岡田将生が志尊淳の胸に手を当て…映画『さんかく窓』話題の除霊シーン公開

岡田将生&志尊淳がW主演を務める、映画『さんかく窓の外側は夜』(10月30日公開)の場面写真が8日に公開された。

同作は、ヤマシタトモコによるミステリーホラー作品の実写化で、ワタナベエンターテインメントと松竹がタッグを組み、共同で企画開発・製作する、ワタナベエンタ×松竹による共同制作プロジェクト第1弾となる。霊を祓うことができる男=冷川理人(岡田)と、霊を視ることができる男=三角康介(志尊)が心霊探偵バディを組み、刑事・半澤に依頼され、ある不可解な連続殺人事件の謎を追うことになる。

冷川は霊を祓えるという特殊能力を持っているが、三角に触れることで、三角の持つ視える力により、よりはっきりと霊が視えるようになり、霊を祓うことができる。 今回公開されたカットは、冷川が三角を抱き胸に手を当て「除霊」をする、本作ならではの見どころとも言えるシーン。この除霊の後に、冷川は三角に「私といると霊が怖くなくなりますよ」と自身が行う除霊作業の仕事に勧誘したことで、ふたりの運命が動き出す。原作ファンの間でも話題の除霊シーンとなっている。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.