くらし情報『ロザン、芸能人の活動自粛について思うこと「“自首”と“出頭”は違う」』

2020年6月16日 17:33

ロザン、芸能人の活動自粛について思うこと「“自首”と“出頭”は違う」

ロザン、芸能人の活動自粛について思うこと「“自首”と“出頭”は違う」

お笑いコンビ・ロザンの宇治原史規、菅広文が、公式YouTubeチャンネル「ロザンの楽屋」で、「芸能人の活動自粛」について語り合った。

巷の様々な話題を取り上げ、ゆるい雰囲気で“楽屋トーク”を繰り広げることで人気の同チャンネル。

15日に投稿した動画「芸能人が不祥事で活動自粛するのはちがう」は、不祥事が発覚した際に芸能人が「活動自粛」を発表することに対して、宇治原が「“活動自粛”って最近よくあると思うんですよ。正直僕ね、前からそこにちょっと引っ掛かっているんですよ」と疑問を抱いたことに始まる。

菅が「面白いやんか! 踏み込むやんか!」と目を輝かせると、宇治原は苦笑しながら「一般論ですよ。そういうもの全般の話」と強調し、「番組とかテレビ局、劇場、あるいはCMであればスポンサーさんが、その人たちを使ってるわけじゃないですか。そっちが『クビにする』というのが正しいやり方じゃないの?」と投げかけた。

さらに宇治原は、「なぜ悪いことをした人間が、自分で処分を決めてんねんって、ずっと引っ掛かってた」と告白。菅が、「僕の感覚でいうと、“自粛”はたぶん“自首”やねん。いわゆる刑罰でいうと、“降板”は“逮捕”やねん。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.