くらし情報『「ガサガサかかと」を作る6つの要因とその対応策を知ろう!』

2014年11月25日 13:21

「ガサガサかかと」を作る6つの要因とその対応策を知ろう!

「ガサガサかかと」を作る6つの要因とその対応策を知ろう!
ユースキン製薬とよしき皮膚科クリニック銀座吉木伸子院長はこのほど、2014年2月に共同で実施した「かかとを中心としたフットケアのモニター試験」の結果について明らかにした。

同試験は、長年繰り返す頑固なかかとの荒れに悩む12名を対象に、2014年2月6日~20日にかけて実施した。毎晩ビタミン系クリームを右足のみにマッサージしながら塗ったあと、靴下をはいてもらい左右の差を確認した。その結果、ケアを始めて4日目には、ほぼ全員でかかとの症状の改善が見られたという。

吉木伸子院長に尋ねたところ、かかとがかたくなる原因は「肌の誤作動」であるという。足の裏は皮脂腺がないため乾燥しやすい部分だが、洗いっぱなしでケアをしない人が多い。

「乾燥などで肌表面の角層が乱れると、肌内部の水分が蒸発しやすい状態になります。肌内部の水分が十分でないと、肌は乱れた角層を修復するために急いで角質細胞を作ろうとします。こうして作られた細胞は未熟で不完全なため、機能も正常に働きにくくなります」。

その機能を補おうとさらに角質細胞が作り続けられ、未熟な厚い角層が作られる。この乾燥と角化の放置により、引き起こされるのが「肌の誤作動」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.