くらし情報『東京都交通局とメトロ、都内地下鉄143駅で無料Wi-Fiサービス提供』

2014年11月25日 21:54

東京都交通局とメトロ、都内地下鉄143駅で無料Wi-Fiサービス提供

東京都交通局とメトロ、都内地下鉄143駅で無料Wi-Fiサービス提供
東京都交通局と東京メトロは25日、東京都内地下鉄143駅で無料Wi-Fiサービスを提供すると発表した。提供開始日は12月1日。

今回のサービスは、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピック競技大会での利用を目指し、訪日外国人が手軽に無料Wi-Fiを利用できるよう提供するもの。東京メトロ・銀座線、丸ノ内線、副都心線、有楽町線など9路線、および都営地下鉄・浅草線、三田線、新宿線、大江戸線の計143駅で、無料Wi-Fiサービスが利用できるようになる。

SSID名称は、都営地下鉄で「Toei_Subway_Free_Wi-Fi」、東京メトロで「Metro_Free_Wi-Fi」。1回の接続で3時間利用でき、利用回数制限は設けない。

サービス開始に合わせて、エヌ・ティ・ティ・ブロードバンドプラットフォーム(NTTBP)が提供するアプリ「Japan Connected-free Wi-Fi」にも参画し、同アプリからサービスを利用できるようにする。アプリはGoogle Play、App Storeから無料で入手可能。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.