くらし情報『つんく♂、子どもへの刺激で目指す未来「文化を絶やすことはマイナス」』

2020年6月19日 11:30

つんく♂、子どもへの刺激で目指す未来「文化を絶やすことはマイナス」

つんく♂、子どもへの刺激で目指す未来「文化を絶やすことはマイナス」

●『いないいないばあっ!』楽曲提供で実感
新型コロナウイルスによる緊急事態宣言下の先月6日。音楽プロデューサーのつんく♂は、自身初の絵本『ねぇ、ママ?僕のお願い!』(双葉社 6月19日発売 1,400円税別)を、発売前にもかかわらず「2020年の『母の日』はオンライン帰省、オンラインでの親子時間となる方も多々いらっしゃると思いますので、そんな会話のきっかけにこの絵本動画を使っていただければ」とYouTubeで無料公開した。

同書は詩をつんく♂、絵をイラストレーター・なかがわみさこ氏が担当。母の日にサプライズを計画する主人公「ボク」と母親のやりとりを描き、「読み聞かせ」用として作成された動画の「ボク」役に9歳の次女、母親役に小湊美和(太陽とシスコムーン)を声優として抜てきしたこともネット上で話題となった。

出版元である双葉社を通じて、「このような状況でも、我々クリエイターはものづくりを止めてはいけない」とコメントを発表していたつんく♂。同書に込めた“作り手”としての思いとは。メールインタビューで、つんく♂の今とこれからを追った。

○■無料公開絵本の制作秘話

――子ども目線で描かれた物語に、多くの人が胸を打たれています。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.