くらし情報『国立感染症研究所、インフルエンザの流行開始を発表 - 東京都にも"注意報"』

2014年12月5日 16:51

国立感染症研究所、インフルエンザの流行開始を発表 - 東京都にも"注意報"

国立感染症研究所、インフルエンザの流行開始を発表 - 東京都にも"注意報"
国立感染症研究所は12月5日、2014-2015年シーズンのインフルエンザの定点当たり報告数が、流行開始の指標となる数値「1.00」を上回ったことを明らかにした。

同研究所によると、インフルエンザの定点当たり報告数は今年の42週目以降になって増加が続いており、第48週(11月24~30日)の定点当たり報告数は「1.90」(患者報告数は9,396)を記録。この48週目の数字をもって、全国的なインフルエンザ流行開始の指標である「1.00」を今シーズンで初めて上回ったという。

都道府県別では、岩手県(10.52)が最も高い数値になっている。以下、福島県(6.41)、埼玉県(5.05)、神奈川県(4.04)、東京都(3.62)、千葉県(2.90)などが続き、比較的関東圏で高い数値が見られている。

同研究所によると、12月3日の時点で全国の保健所地域において「大きな流行の発生・継続が疑われることを示す」という「警報」レベルを超えているのは、1県のみとのこと。

また、「流行の発生前であれば今後4週間以内に大きな流行が発生する可能性があることを、流行発生後であればその流行がまだ終わっていない可能性がある」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.