くらし情報『乃木坂46と小室哲哉が初タッグ! センター・齋藤飛鳥「本当にうれしい」』

2020年7月16日 09:00

乃木坂46と小室哲哉が初タッグ! センター・齋藤飛鳥「本当にうれしい」

乃木坂46と小室哲哉が初タッグ! センター・齋藤飛鳥「本当にうれしい」

アイドルグループ・乃木坂46が、配信限定シングルとして新曲「Route 246」(読み:ルート・ツー・フォーティシックス)を7月24日0時にリリースすることが15日、明らかになった。同楽曲は、総合プロデューサーの秋元康氏が作詞、小室哲哉氏が作曲・編曲を担当。乃木坂46と小室氏のタッグは今回が初めて。センターは齋藤飛鳥が務める。

また、秋元氏と小室氏の共作は、2010年11月に発売された、やしきたかじん「その時の空」以来約10年ぶりとなり、秋元氏が総合プロデュースするAKB48グループ・坂道グループのアイドルグループでの共作では初となる。

なお小室氏は、2018年4月に発売されたラストアイドル「風よ吹け!」の作詞・作曲・プロデュースを手掛け、その後、第一線から退いており、2年3カ月ぶりとなる公での楽曲提供となった。

センターを務める齋藤飛鳥は「もともと小室さんのファンだったので、小室さんが乃木坂46のために曲を作ってくださった事が何よりも嬉しく、また楽曲も「小室さん感」が溢れていて、個人的に本当に嬉しかったです。この楽曲の曲調と乃木坂46の組み合わせで、どう化学反応が起こるか楽しみです!」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.