くらし情報『注目のハイレゾ対応オーディオが集結 - ポタフェス2014レポート(2)』

2014年12月23日 03:20

注目のハイレゾ対応オーディオが集結 - ポタフェス2014レポート(2)

注目のハイレゾ対応オーディオが集結 - ポタフェス2014レポート(2)
12月20日~21日の期間開催された「ポタフェス2014」。当記事では、その中から新製品を中心に、注目ブースの展示内容を紹介していく。

○低価格ハイレゾプレーヤーとIEM専用ヘッドホンアンプ - オヤイデ

オヤイデ(小柳出電気商会)ブースでは、話題の低価格ハイレゾプレーヤー「FiiO X1」を展示。

FiiO X1は、上位モデルからUSB DAC機能、デジタル音声出力、DSD再生機能を省いて低価格化したモデルだ。オープン価格で、12月22日現在、同社のショッピングサイトでの販売価格は21,600円(税込)。ハイレゾプレーヤーの中では現在最安価となっているが、価格だけではなく音質の評価も高い。

ヘッドホンアンプ「E12」の特別仕様モデル「E12A」も参考出展されている。E12Aは、E12をIEM専用にカスタマイズしたモデル。適応するインピーダンスは150Ωまでとなっているが、オペアンプをテキサス・インスツルメンツ社製の1611から新日本無線のMUSES 02に変更するなど、表現力を向上させている。発売時期などは、現時点では未定。

○IEMコンディショナーとComplyの新製品 - エントリー・ジャパン

エントリージャパンのブースでは、IEMの性能をキープして保管するためのIEMコンディショナー「ドライ&ストア」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.