くらし情報『インフルエンザに対する予防効果が期待される「AHCC」とは?』

2014年12月26日 17:36

インフルエンザに対する予防効果が期待される「AHCC」とは?

インフルエンザに対する予防効果が期待される「AHCC」とは?
今年も猛威をふるうインフルエンザの季節が到来した。アミノアップ化学では、今年7月に札幌市で開催された「第22回統合医療機能性食品国際会議(ICNIM)」において、ミシガン州立大学の研究チームから『マウスモデルにおける免疫機能に関する AHCC投与の効果』と題したレポートを発表している。

AHCC(Active Hexose Correlated Compound:活性化糖類関連化合物)とは、シイタケ属に属する担子菌の菌糸体培養液から抽出された α-グルカンに富んだ植物性多糖体の混合物。 医薬品ではなく、いわゆる健康食品として、開発国の日本のみならずヨーロッパや、アメリカ、アジア、オセアニアなど広範囲で販売され、現在では統合医療の一手段としても取り入れられているものだ。

実験では、AHCCを摂取したマウスモデルと摂取していないマウスモデルに分け、インフルエンザ感染の初期の細胞数の変化を検証。AHCCを摂取したマウスでは、NK細胞数が改善する可能性があるデータを得ることに成功した。この結果は、AHCCにはNK細胞数を増やし、ヒトの免疫を高める効果がある可能性があることを示唆してると報告されている。

新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.