くらし情報『吉野北人、神尾楓珠の甘いセリフに「心臓が…」歓声の代わりに一本締め』

2020年7月30日 19:50

吉野北人、神尾楓珠の甘いセリフに「心臓が…」歓声の代わりに一本締め

吉野北人、神尾楓珠の甘いセリフに「心臓が…」歓声の代わりに一本締め

映画『私がモテてどうすんだ』(7月10日公開)の舞台挨拶「私モテ感謝day」が30日に都内で行われ、吉野北人、神尾楓珠、山口乃々華(E-girls)、富田望生、伊藤あさひ、平沼紀久監督が登場した。

同作はぢゅん子作で第40回講談社漫画賞・少女部門を受賞、累計300万部突破で2016年にはテレビアニメ化もされた人気少女漫画の実写化作品。「BL」を妄想するのが大好きな超ド級のヲタク女子・芹沼花依(山口乃々華/富田望生)が、ある日愛するアニメのキャラが死んだショックで激ヤセしてしまったことで、誰もが振り向くほどの超美人に変身し、学校のスーパーイケメン4人(吉野北人、神尾楓珠、伊藤あさひ、奥野壮)が押し寄せる。

感染対策を行い、久しぶりに観客を入れての舞台挨拶となったキャスト陣も緊張気味。10日から公開した同作について、吉野は「両親から見たよという連絡を受けて。すごく内容が面白くてめちゃめちゃ笑ったと聞いて、お母さん世代でも楽しめる作品なんだなと改めて思いました」と明かす。山口は「おばあちゃんから電話かかってきて、『泣いた』って。それを聞いて嬉しくて感動しました」と喜んだ。

この日は観客から質問を募り「撮影で大変だったことは?」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.