くらし情報『レプロ運営・浅草九倶楽部、コロナ禍での「劇場一体型ホテル」狙いとは』

2020年8月1日 10:00

レプロ運営・浅草九倶楽部、コロナ禍での「劇場一体型ホテル」狙いとは

レプロ運営・浅草九倶楽部、コロナ禍での「劇場一体型ホテル」狙いとは

長谷川京子、真木よう子、新垣結衣らが所属する芸能事務所・レプロエンタテインメントは1日、東京・浅草で運営する複合施設・浅草九倶楽部が同日より「劇場一体型ホテル」としてリニューアルオープンすることを発表した。

1階の「倶楽部(Club&Dining)」は、宿泊客はもちろん、地元の人々や演者など様々な人が集まる“繋がる場”として、厳選した米のおにぎり御膳、シンプルな自家製フレンチトースト、夜は出汁が自慢のおでんとお酒など、「食の温かさ」をテーマにしたメニューを用意。

2階の「劇場(Theater)」には、新しい生活様式でもエンタテインメントを楽しんでもらえるよう、ライブ配信や収録が快適にできる「オンライン型演劇場」として生まれ変わった浅草九劇を引き続き併設する。

そして3階から上層階の「宿(Hotel)」は宿泊施設となっており、遠方からの観光客、地元で少しだけ贅沢をしたい人々、ワークスペースの短期利用者など、宿泊用途にあわせて様々なタイプの部屋を用意。リニューアルオープンを記念して、9月末まではすべての室料を50%割引で提供する。

新型コロナウイルス感染症の影響により、深刻なダメージを受けているホテル・観光業界。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.