くらし情報『嵐、新CMで指揮に挑戦! 松本潤、監督から「ジェントルマン」と絶賛』

2020年8月5日 13:59

嵐、新CMで指揮に挑戦! 松本潤、監督から「ジェントルマン」と絶賛

嵐、新CMで指揮に挑戦! 松本潤、監督から「ジェントルマン」と絶賛

アイドルグループ・嵐の大野智、櫻井翔、相葉雅紀、二宮和也、松本潤が出演するソフトバンクの新テレビCM「5G バーチャル大合唱」篇が、7日より全国で放送される。

ソフトバンクと嵐は、5G(第5世代移動通信システム)時代を見据えた新しいエンターテインメントの可能性に挑戦するプロジェクトを開始。第1弾として、嵐がファンと一緒に人気楽曲「Love so sweet」をバーチャルで合唱する「5Gバーチャル大合唱」の映像を採用した新テレビCM「5Gバーチャル大合唱」篇(15秒・30秒)が制作された。

360度のバーチャル空間を舞台にした同CMでは、嵐のメンバーが指揮者に。ライブ会場でタクト(指揮棒)を振り上げる姿が映され、カメラが引いていくと、回転するステージの周囲360度に浮かぶ無数のモニター画面に大勢のファンの顔が映し出される。メンバーは、指揮に合わせて合唱するファンに向かって手を振ったり、ジェスチャーで盛り上げたりしながら、ステージ上を移動していく。

ここで、カメラがモニター画面の1人の女性にフォーカスし、そのまま彼女が歌う自宅へと移動。手元のスマートフォンでライブを見ていた女性にカメラが回り込むと、目の前に突然ホログラムが出現し、瞬時に実体化した松本がタクトを振り上げながら、「さぁ、一緒に」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.