くらし情報『Official髭男dism、「Pretender」ヒットは予想外 『コンフィデンスマンJP』凄さとは』

2020年8月7日 12:30

Official髭男dism、「Pretender」ヒットは予想外 『コンフィデンスマンJP』凄さとは

Official髭男dism、「Pretender」ヒットは予想外 『コンフィデンスマンJP』凄さとは

脚本家・古沢良太によるオリジナル作で、大人気ドラマを映画化した『コンフィデンスマンJP プリンセス編』が現在ヒット中だ。コンフィデンスマン(信用詐欺師)のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)が、毎回さまざまな業界の華やかな世界を舞台に、壮大で奇想天外な計画で、欲望にまみれた人間たちから大金をだましとる同作の映画化は2作目。シンガポールに拠点を持つ世界有数の大富豪一族・フウ家をターゲットに、壮大な物語が幕を開けた。

主題歌「Laughter」を手掛けたのは、2018年のドラマ版よりタッグを組んでいる
Official髭男dism(藤原聡、小笹大輔、楢崎誠、松浦匡希)。異例の抜擢により同ドラマの主題歌「ノーダウト」でメジャーデビュー、さらに 2019年の映画『コンフィデンスマンJP ロマンス編』主題歌「Pretender」が大ヒットし、『第70回NHK紅白歌合戦』に初出場を果たすなど、まさに同作と共に駆け上がるヒゲダンにインタビューし、新曲への思いや、『コンフィデンスマンJP』の魅力について話を聞いた。

○■大きな世界について歌った曲

――まずは、公開中の『コンフィデンスマンJP プリンセス編』の主題歌「Laughter」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.