くらし情報『カンテレ×劇団Patchプロジェクト始動、大阪&東京で音楽朗読劇』

2020年8月8日 05:00

カンテレ×劇団Patchプロジェクト始動、大阪&東京で音楽朗読劇

カンテレ×劇団Patchプロジェクト始動、大阪&東京で音楽朗読劇

カンテレと関西に拠点を置く演劇集団・劇団Patchがタッグを組み、関西から全国に向けて演劇ムーブメントを発信するプロジェクトが始動する。今年12月に大阪、来年1月に東京でオリジナルの音楽朗読劇『マインド・リマインド~I am…~』を上演する。

当初は3月に情報公開予定だったが、新型コロナウイルスの影響を受けて一旦見送り、できる限りの安全性を追求し、コロナ禍でも何とか作品を届けるべく、舞台の内容をオリジナルストレートプレイから朗読劇に変更。最大限の感染防止対策を行い、観客数を半分にして上演できるよう調整し、今回の発表となった。

劇団Patchは、ワタナベエンターテインメントが関西版D-BOYSを誕生させようと12年4月、3,000人を超える応募者からオーディションを経て選ばれた1期生で結成。メンバーは、中山義紘(30)、井上拓哉(24)、松井勇歩(28)、竹下健人(27)、三好大貴(28)、星璃(26)、吉本考志(28)、近藤頌利(26)、田中亨(21)、納谷健(25)、尾形大吾(23)、藤戸佑飛(26)の12人で、全員が関西出身だ。

プロジェクト第1弾の音楽朗読劇『マインド・リマインド~I am…~』は、脚本・古家和尚氏、演出・木村淳氏(カンテレ)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.