くらし情報『山田祥平のニュース羅針盤 (42) 何年も本当に代わり映えしなかったパソコン、いま再び変化の芽生え』

2015年1月20日 17:33

山田祥平のニュース羅針盤 (42) 何年も本当に代わり映えしなかったパソコン、いま再び変化の芽生え

山田祥平のニュース羅針盤 (42) 何年も本当に代わり映えしなかったパソコン、いま再び変化の芽生え
NECパーソナルコンピュータと富士通が、1月20日、都内で発表会を開催、春モデル新製品各機種を披露した。興味深いのは両者が共に、よく似た方向性を持った新コンセプトの製品を発表したことだ。ノートPCでもない、デスクトップPCでもない、かといって一体型PCとは一味違う、そんなPCだ。

NECパーソナルコンピュータの「LaVie Hybrid Frista」は、台座の上にチルトするスクリーンが実装されたもので、キーボードは台座の株に収納でき、同サイズのスクリーンを持つノートPCの半分程度のフットプリントしか占有しない。Fristaはフリースタイルを元にした造語であるという。

家庭で使われてきたクラムシェルのスタンダードノートPCは可搬型ではあっても、ほとんど外に持ち出されることはなかった。そして、ノートではあっても、使うときには大きなフットプリントが必要だった。それを省スペース化し、片付けられることなく、出しっ放しにしておいて、いつでも気軽に使えるPCをめざしている。スクリーンはタッチ対応の15.6型で、一体型PCに比べればきわめてコンパクトで、家庭内における持ち運びもたやすい。これを見れば、多くの場合はノートタイプである必要がなかったことに気がつくはずだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
子どもの教育アンケート
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.