くらし情報『大阪府大阪市で長野の日本酒400種類が試飲できる「長野の酒メッセ」開催』

2015年1月29日 08:31

大阪府大阪市で長野の日本酒400種類が試飲できる「長野の酒メッセ」開催

大阪府大阪市で長野の日本酒400種類が試飲できる「長野の酒メッセ」開催
長野県酒造組合は4月20日、酒造メーカー約50社400種類以上が参加する展示試飲会「長野の酒メッセin大阪」を、大阪府・新阪急ホテルで開催する。

長野県は蔵元の数が85場と新潟県に次いで多く、酒どころとして知られている。同イベントは、長野県の蔵元と直接交流ができ、日本酒に関する知識も深められる催しで、長野県では21回、東京都では12回開催してきた。大阪府は昨年初めて開催し、約1,000人の来場者で賑わったという。

今回は、約50社の酒造メーカーが登場し、約400種の清酒の試飲・展示を行う。また、長野県原産地呼称管理制度認定酒(長野県産の酒米のみを使った高品質の日本酒)のコーナーも設ける。入場時に渡されるオリジナル猪口(ちょこ)で「きき酒」が楽しめ、お猪口はそのまま持ち帰ることもできる。

開催時間は、17時~20時。場所は、大阪新阪急ホテル2F紫の間。料金は、前売券2,000円・当日券2,500円(税込)。チケットはイープラスで販売している。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.