くらし情報『アップル、OS X Yosemiteに対応したiTunes 12.1を提供開始』

2015年1月30日 20:42

アップル、OS X Yosemiteに対応したiTunes 12.1を提供開始

アップル、OS X Yosemiteに対応したiTunes 12.1を提供開始
アップルは30日、iTunesの最新バージョン「iTunes 12.1」の提供を開始した。これにより、Mac用ではOS X Yosemiteの通知センターのためのiTunesウィジェット表示に対応する。

Mac用iTunes 12.1で追加されたiTunesウィジェットは、OS X Yosemiteの通知センターのために実装された。iTunes Radio(日本では未提供)を聞きながら、再生中の楽曲確認、スキップ、曲の購入などを行える。また、iPhone/iPad/iPod touchと同期する際の操作性も向上。

Windows用のiTunes 12.1は、64bit版のWindows Vista/7/8に完全対応のアプリケーションとなった。また、iPhone/iPad/iPodと同期する際のバグも修正した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.