くらし情報『車椅子の吉高由里子に、横浜流星が語りかける…W主演映画メイキング写真公開』

2020年9月8日 07:00

車椅子の吉高由里子に、横浜流星が語りかける…W主演映画メイキング写真公開

車椅子の吉高由里子に、横浜流星が語りかける…W主演映画メイキング写真公開

吉高由里子と横浜流星がW主演を務める映画『きみの瞳が問いかけている』(10月23日公開)のメイキング写真が7日、公開された。

同作はチャールズ・チャップリンが監督・脚本・主演を務めた『街の灯』にインスパイアされ、韓国で2011年に公開、130万人以上の観客動員数を記録した映画『ただ君だけ』を原作とした純愛映画。不慮の事故で視力と家族を失ったが、小さな楽しみを糧に明るく日々を送る明香里(吉高)と、将来を有望視されていたキックボクサーだったものの現在は心を閉ざした青年・篠崎塁(横浜)の物語を描く。

今回解禁となった写真は目が見えないという難役に挑む吉高と入念なやりとりをする三木孝浩監督を写した1枚や、物語の重要なシーンとも呼べる海岸のシーンで横浜へ演出する姿を捉えたもの。

本作のメガホンをとる三木監督と吉高は『僕等がいた』以来8年ぶりの再タッグとなり、吉高は「三木監督とは、迷っていること、これは違うかもしれないなと感じたことなど、お互いになんでも話し合える間柄で、それはありがたいことだと思っています。すぐに走ってきては『こういう感じ』と微妙なニュアンスを直接伝えてくださるので、大変わかりやすかったです。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.