くらし情報『ウエンツ瑛士、1年半の演劇留学後初の舞台開幕! 物理的な距離感も演出に』

2020年9月10日 07:00

ウエンツ瑛士、1年半の演劇留学後初の舞台開幕! 物理的な距離感も演出に

ウエンツ瑛士、1年半の演劇留学後初の舞台開幕! 物理的な距離感も演出に

俳優のウエンツ瑛士が主演を務める舞台『わたしの耳』が9日に東京・新国立劇場小劇場で初日を迎えた。

同作は『エクウス』『アマデウス』の作者としても有名な英国の劇作家ピーター・シェーファーによる男女3人芝居。内気な青年ボブ(ウエンツ瑛士)の至福の時間は、狭くみすぼらしい屋根裏部屋には似つかわしくないオーディオセットでクラシックレコードを聴くこと。ある日、クラシックコンサートで隣に座った女性ドリーン(趣里)に一目ぼれし、勇気を出して自宅のディナーに招待するまで漕ぎつける。まさに一世一代の大勝負なのだが、女性に不慣れなボブは、明るく経験豊富な会社の先輩テッド(岩崎う大)に助けを求め、助っ人として料理とホスト役を担当してもらうことに。屋根裏のアパートの一室で、男女3人に起きる一夜の出来事とは?

新型コロナウイルス感染拡大予防対策を講じ、シス・カンパニー公演がいよいよ再開となった。キャスト・スタッフ全員、感染予防対策も万全に稽古に励んだ同作は、22日に開幕する『あなたの目』(出演:小林聡美、八嶋智人、野間口徹)と対を成す作品。1年半に及ぶ英国演劇留学から帰国後第1弾の舞台出演に挑むウエンツ瑛士、多くの舞台や映像作品でその実力を高く評価されている趣里、お笑いコンビ「かもめんたる」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.