くらし情報『伊藤忠テクノソリューションズ、「SAP HANA」の取り扱いを4月より開始』

2015年2月5日 12:24

伊藤忠テクノソリューションズ、「SAP HANA」の取り扱いを4月より開始

伊藤忠テクノソリューションズ、「SAP HANA」の取り扱いを4月より開始
伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は2月4日、SAPジャパンが提供する、データベースのトランザクション処理と分析処理が最適化されたインメモリ型のミドルウェア「SAP HANA」の取り扱いを4月から開始することを発表した。

CTCは、設計から構築、導入後の技術支援までワンストップでサービスを提供し、SAPジャパンの統合型業務ソフトウェアSAP ERPの取り扱い合わせて、基幹システム向けのソリューションを強化。

ビッグデータを活用した戦略策定を行う企業や、自社データベースや分析システムの高速化を検討する企業向けに販売し、基幹システム向けのビジネス全体で、30億円の売上を1年で実現したい考えだ。

また、自社の次期の基幹システムにおいて、SAP HANA上のERPソリューション「SAP Business Suite poweredby SAP HANA」と、SAP HANA専用の会計ソリューション「SAP Simple Finance」を採用。同システムは、CTCのIaaSプラットフォーム上で稼働する予定で、設計や構築、運用のノウハウを顧客向けのソリューションとして提供していく。

なお、「SAP HANA」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.