くらし情報『『ゴジラVSビオランテ』に初登場した「92式メーサービーム戦車」がプラモデル化』

2015年2月5日 19:25

『ゴジラVSビオランテ』に初登場した「92式メーサービーム戦車」がプラモデル化

『ゴジラVSビオランテ』に初登場した「92式メーサービーム戦車」がプラモデル化
1989年に公開された特撮映画『ゴジラVSビオランテ』に初登場した「92式メーサービーム戦車」がプラモデル化され、2015年3月に発売されることが決定した。現在「コトブキヤオンラインショップ」にて予約受付中で、価格は3,024円(税込)。

「92式メーサービーム戦車」は、8輪駆動8輪操舵のタイヤを装備した完全自走式の装輪戦車で通称・メーサータンク。『ゴジラVSビオランテ』にて、若狭湾近郊の山間部で「サンダービーム作戦」に総計10両が投入され、初めて対ゴジラ戦を経験。一部の戦車が撃破されたものの、最終的に作戦は成功している。その後は、対怪獣迎撃の中核として陸上自衛隊各方面隊の「特殊武器科(メーサー)」部隊に配備されている。

本商品は、もともと2014年にコトブキヤより発売されたプラモデル『スーパーXII』に「92式メーサービーム戦車」が同梱されていたが、今回、待望の単品パッケージで登場。キャノピー部分は、新たに本体成型色と無色クリアで成形された2種類が付属し、好みに合わせて組み立てることができる。また、砲塔の回転、上下の動きといったギミックも搭載。陸上自衛隊の文字などデカールも付属し、劇中のさまざまなシーンを再現することができる。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.