くらし情報『渡邉理佐、欅坂46の改名は「前向きなもの」 再出発への思い語る』

2020年9月19日 10:00

渡邉理佐、欅坂46の改名は「前向きなもの」 再出発への思い語る

渡邉理佐、欅坂46の改名は「前向きなもの」 再出発への思い語る

10月に行われるラストライブをもって5年間の歴史に幕を下ろし、改名して再出発することを発表しているアイドルグループ・欅坂46。渡邉理佐は、その主要メンバーとしてだけではなく、ファッション誌『non-no』の専属モデルとしても活躍している。9月5日にオンライン開催された「第31回マイナビ 東京ガールズコレクション 2020 AUTUMN/WINTER ONLINE」(TGC)に出演した渡邉に、モデル業のやりがいやステイホーム期間のエピソード、欅坂46のラストライブへの思いを聞いた。

新型コロナウイルスの影響でオンライン開催となったTGC。渡邉は「前にも出させていただいたんですけど、今回は無観客の配信ということで、お客さんがいなくて寂しさもありましたが、配信を見てくださってる方にお洋服の良さが伝わるように、頑張らせていただきました」と感想を語った。

そして、モデル業のやりがいについて「いろんなお洋服を着させていただき、それに合ったメイクをしてもらえるし、かわいく素敵に撮ってくださるカメラマンさんもいてくださるので、すごく楽しく撮影をさせてもらっています」と話し、「モデルの現場には1人で行くことが多く、マネージャーさんがいないこともあります。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.