くらし情報『Travis Japan、新橋演舞場225日ぶり再開で舞台に! 「トランポリンジャパン」な姿見せる』

Travis Japan、新橋演舞場225日ぶり再開で舞台に! 「トランポリンジャパン」な姿見せる

Travis Japan、新橋演舞場225日ぶり再開で舞台に! 「トランポリンジャパン」な姿見せる

舞台『虎者 NINJAPAN 2020』の公開ゲネプロが10日に東京・新橋演舞場で行われ、ジャニーズJr.のグループ・Travis Japan(宮近海斗、中村海人、七五三掛龍也、川島如恵留、吉澤閑也、松田元太、松倉海斗)が出席、初日を迎えた意気込みを語った。

故・ジャニー喜多川さんが企画・構成を行い、滝沢秀明が構成・演出を引き継いだ同舞台。2019年11月にグループ初の単独公演として初演を迎え、今回新たな公演となる。舞台とショータイムで構成され、壁で行うウォールトランポリンにプロジェクションマッピングを組み合わせるなど、新たな技術を取り入れたパフォーマンスを見せていく。

会場となった新橋演舞場も225日ぶりの公演ということで、宮近は「演舞場さん自体も(コロナ禍で)僕らが初めてということで、しかも僕らもお客さんに会うのが初めて。台風も来てるわけでちょっと大変ですけど、良いように捉えたら、僕らが台風の目になって、渦を巻いていろんなところに羽ばたいていけるような追い風にして行けたらと思います」と意気込む。川島も「本当に光栄なことだよね。200日以上空いた新橋演舞場の最初を務めさせていただくことも本当に大きいことだし、新橋演舞場に7人で立つのは初めてなので、全てに感謝して楽しんで立ちたいと思っております」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
Instagram
Instagram
X
X
YouTube
YouTube
上へ戻る
エキサイトのおすすめサービス

Copyright © 1997-2024 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.