くらし情報『高島彩、2年ぶりにアカデミー賞案内役に「ドキドキしながら楽しみました」』

2015年2月27日 21:00

高島彩、2年ぶりにアカデミー賞案内役に「ドキドキしながら楽しみました」

高島彩、2年ぶりにアカデミー賞案内役に「ドキドキしながら楽しみました」
フリーキャスターのジョン・カビラと高島彩がこのほど、都内で行われた、WOWOWの特別番組『見せます!第87回アカデミー賞のすべて~カビラ・高島・斎藤・町山が見たハリウッド最大の祭典~』の収録後、報道陣の取材に応じた。

日本時間23日に、米・ロサンゼルスのドルビー・シアターで行われた第87回アカデミー賞授賞式。3月1日14時45分から無料放送される同番組では、当日生放送の案内役を務めたカビラ、高島、レッドカーペット・ナビゲーターを務めた斎藤工、映画評論家の町山智浩が、授賞式を振り返りながらトークを繰り広げる。

『バードマンあるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』が作品賞をはじめ、最多4部門を受賞した今年のアカデミー賞。「社会的な課題をえぐる作品が以前よりも多い気がした」と感想を語ったカビラは、今年の結果に、「ハリウッドらしい。"映画の映画"は強い」と一言。「興行収入でも人気投票でもなく、ハリウッドの仲間が評価する。どういうメッセージをハリウッドが発信するのか、体現しているのがアカデミー賞。投票するのは俳優のみなさんが多いので、自分のあり方に近い作品が評価されたのかな」と受賞結果を分析した。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.