くらし情報『中条あやみ、室伏広治からスポーツシーン絶賛され感激「この映画は金メダル」』

2020年11月4日 21:41

中条あやみ、室伏広治からスポーツシーン絶賛され感激「この映画は金メダル」

中条あやみ、室伏広治からスポーツシーン絶賛され感激「この映画は金メダル」

女優の中条あやみが主演を務める映画『水上のフライト』が、第33回東京国際映画祭の特別招待部門正式招待作品として4日に東京・EXシアター六本木で上映され、中条、小澤征悦、兼重淳監督、スポーツ庁長官の室伏広治氏が舞台あいさつに登壇した。

本作は、有望な走り高跳びの選手ながらも不慮の事故に遭い、二度と歩けなくなったヒロインの藤堂遥(中条)が、競技用カヌーと出会い、夢を実現させていくという、実話から着想を得たサクセスストーリー。

体育大学の学生でさえ、乗るのに1カ月かかると言われる競技用カヌーだが、中条は代役を立てず、見事に乗りこなした。「ボディダブルさんじゃなくて、自分でしっかりと漕いで、臨場感がスクリーンに出ればいいなと思い、毎日練習していたので、全部自分でやることができて良かったなと思いました」

コーチ役の小澤は、競技用のカヌーの難しさについて「僕も競技用のカヌーに乗せてもらったんですが、『手を離しますよ』と言われて、離された瞬間、落ちました」と苦笑い。中条について「なんか、空を飛んでいる鳥のように見えました。そういう台詞があるんです。『水面を渡る風になれ、遥』という台詞があるんです」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.