くらし情報『Windows 10がQualcommの小型ボード「DragonBoard 410c」をサポート』

2015年3月18日 20:02

Windows 10がQualcommの小型ボード「DragonBoard 410c」をサポート

Windows 10がQualcommの小型ボード「DragonBoard 410c」をサポート
米Microsoftは17日(現地時間)、次期OS「Windows 10」にて、Qualcomm製の開発ボード「DragonBoard 410c」をサポートすることを明らかにした。同社は、Windows 10のローンチ時には、小型IoTデバイス向けの新しいWindowsが無償で登場するとしている。

米Microsoftは、2015年2月に英Raspberry Pi Foundationが提供する小型ボードPC「Raspberry Pi 2 Model B」をのサポートを明らかにしている。この際、「Windows Developer Program for IoT」を通じてRaspberry Pi 2互換のWindows 10を無償提供すると告知しており、今回の「DragonBoard 410c」向けのWindowsも近い形で提供されることが予想される。

「DragonBoard 410c」自体は、Windows 10と同じ2015年夏の提供が予定されている。同製品はSnapdragon 410をベースにした開発ボードで、クレジットカード大の小型基板だ。CPUには4コアのARM Cortex A53(Adreno 306グラフィックス)

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.