くらし情報『白濱亜嵐の斬新すぎる川柳「まじぴえん」に、平祐奈「世に出さない方が…」』

2020年11月19日 16:13

白濱亜嵐の斬新すぎる川柳「まじぴえん」に、平祐奈「世に出さない方が…」

白濱亜嵐の斬新すぎる川柳「まじぴえん」に、平祐奈「世に出さない方が…」

映画『10万分の1』(11月27日公開)の『10万分の1』大ヒット祈願イベントが、19日に東京・東京大神宮で行われ、白濱亜嵐(EXILE/GENERATIONS)、平祐奈、優希美青、白洲迅、三木康一郎監督が登場した。

同作は宮坂香帆による、同名の人気コミックの実写映画化作。剣道部所属のスポーツマンでイケメンのモテ男子・桐谷蓮(白濱)と、剣道部のマネージャーで中学からの仲良しグループのメンバー・桜木莉乃(平)。互いに意識し合い、付き合い始めるが、莉乃の体に異変が起き始める。もうすぐ動かなくなる莉乃の病気に、恋も友情も加速していく。

劇中では平演じる莉乃が想いの丈を込めた一句を度々詠んでしまうシーンがあるため、11月19日が「いい一句の日」ということで、キャスト陣がその場で川柳を披露。平が「見るときは ティッシュ必ず 忘れずに」、優希が「ティッシュより タオルがほしい この映画」、「タオルより バスタオルかな この映画」と感動の映画であることをアピールしていく。

最後に残された白濱はプレッシャーをかけられ「すごいやりづらい雰囲気だなあ」と苦笑。「OK!」と書き始めると、平が「大丈夫か? ちょっとこれ心配だなあ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.