くらし情報『女子高生女優が人生初のパンチパーマ! オーダーは三池監督行きつけの店で』

2015年3月26日 11:00

女子高生女優が人生初のパンチパーマ! オーダーは三池監督行きつけの店で

女子高生女優が人生初のパンチパーマ! オーダーは三池監督行きつけの店で
俳優の市原隼人が主演を務める、三池崇史監督映画『極道大戦争』(6月20日公開)で、撮影当時女子高生だった女優の坂口茉琴が、パンチパーマで壮絶なアクションを披露していることが26日、明らかになった。

本作は、ヤクザバンパイアにかみつかれた人間が次々にヤクザ化してしまうという、三池監督による完全オリジナルストーリー。極道の世界に入った影山(市原)がヤクザバンパイアとなって刺客たちとの闘いを繰り広げていく物語で、坂口は父の殺された恨みを晴らすマサル役を演じる。

園子温監督の『TOKYO TRIBE』(2014年)では、ヒロインのスンミ(清野菜名)と共に大男たちに立ち向かう役どころで、アクロバティックなアクションで注目を集めた坂口。同作でアクション監督を務めた、アクション俳優の坂口拓のもとでトレーニングをしていたところを園監督に見いだされて出演に至ったという。公開当時は、小柄さと中性的な容姿から、観客から"小学生の男の子?"といった声が上がっていた。

現在は卒業しているものの、2014年4月~5月に行われた撮影時には、坂口はまだ現役の女子高生。しかし、三池監督行きつけの理髪店に足を運び、地毛にパンチパーマを当てる徹底した役作りを行い、撮影に臨んだ。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.