くらし情報『東京都・代官山でグリーンランドの精神を知る展覧会 - 皇室収集品も初公開』

2015年3月28日 07:29

東京都・代官山でグリーンランドの精神を知る展覧会 - 皇室収集品も初公開

東京都・代官山でグリーンランドの精神を知る展覧会 - 皇室収集品も初公開
駐日デンマーク大使館は3月28日から4月19日まで、東京・代官山ヒルサイドフォーラム(ヒルサイドテラス内)にて展覧会「スピリチュアルグリーンランド」を開催する。

会場では、鯨の骨とセイウチの牙から彫られた彫像「トゥピラク」や神話や伝説を演じるために使われていた「仮面」、 そして、先史の人々と文化を描いた劇画などを通じて、グリーンランドの神秘な世界を紹介する。

先史時代のグリーンランドの人々や文化を描いた劇画「Qanga」の展示では、劇画から抜粋したスケッチや、インスピレーションのもととなった考古学的な情報を展示する。また4,000年前の話を参考にしながら絵を手直しした過程を追ったケーススタディーや、最初の鉛筆スケッチから最後の仕上げまで、いかに絵ができ上がっていくかをとったショートフィルムも上映する。

一見奇妙な姿をしたトゥピラクは、クジラの骨やセイウチの牙でできた怪物のような彫像。展示されているトゥピラックは、高円宮親王妃殿下が故親王殿下とグリーンランドを訪問した際に個人的に収集したもので、初公開されることになった。トゥピラクはグリーンランド語で「祖先の魂や霊」を意味し、「不思議な霊」

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2019 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.