くらし情報『白石聖、2020年は“激”な1年「今まで体験したことがないくらい忙しかった」』

2020年11月25日 11:00

白石聖、2020年は“激”な1年「今まで体験したことがないくらい忙しかった」

白石聖、2020年は“激”な1年「今まで体験したことがないくらい忙しかった」

世界中が新型コロナウイルスに襲われた2020年だったが、白石聖にとっては『恐怖新聞』(東海テレビ・フジテレビ系)で連ドラ初主演を果たし、女優として大きく飛躍を遂げた1年でもあった。

現在、初の写真展『-COLOR-(カラー)白石聖×関根一弘』が東京・渋谷のtokyoartsgalleryで29日まで開催中の白石。撮影したのは、写真家の関根一弘氏で、「何色にも染まる彼女と、何色にも染まらないという強い意志を秘める彼女を収めたかった」と言う。そんな白石を直撃し、激動の2020年を振り返ってもらった――。

○■初の写真展「かなり自然体」

――まずは、初の写真展を開催できた感想から聞かせてください。

パッとギャラリーに入った時、レイアウトがすごくきれいだなと感じました。写真展のタイトル『-COLOR-』にふさわしく、いろいろな色がたくさん飛び込んでくるすてきな空間だなと思いました。

――特に、九十九里で撮られたというメイン写真が非常に印象的です。

すごく天気に恵まれた中で、この衣装で最初に撮った写真です。いい感じの風が吹いていて、風自体が見える写真になったかなと。すごくお気に入りの写真です。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.