くらし情報『QNAP、シリーズ初のDTCP-IPに対応した2ベイ/4ベイNAS』

2015年4月1日 20:45

QNAP、シリーズ初のDTCP-IPに対応した2ベイ/4ベイNAS

QNAP、シリーズ初のDTCP-IPに対応した2ベイ/4ベイNAS
テックウインドは1日、QNAP製NASの新モデルとして、DTCP-IPに対応した2ベイNAS「HS-210-D」、4ベイNAS「TS-420-D」を取り扱うと発表した。17日の発売を予定し、店頭予想価格は「HS-210-D」が44,800円、「TS-420-D」が67,800円。

同社製NASとして初めてDTCP-IPに対応したモデル。ダビングした地上デジタル放送の番組などを、NASにダビング/ムーブが可能なほか、ダビングした番組をLAN経由でストリーミングできる。また、「HS-210-D」は「スカパー!プレミアムサービスLink」(録画・ダビング)に対応し、「スカパー!プレミアムサービスチューナー」から放送画質で「HS-210-D」に番組を録画できるという。

「HS-210-D」の主な仕様は、CPUがMarvell 1.6GHz、メモリが512MB、ホットスワップ対応の2.5インチ/3.5インチベイを2基備える。主なインタフェースは、Gigabit Ethernet×1、USB 3.0×2、USB 2.0×2、SDカードスロット。

「TS-420-D」の主な仕様は、CPUがMarvell 1.6GHz、メモリが512MB、ホットスワップ対応の2.5インチ/3.5インチベイを4基備える。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.