くらし情報『NICTとトクヤマ、世界最高出力の深紫外LEDを開発 - 本格普及に向け大幅前進』

2015年4月2日 18:09

NICTとトクヤマ、世界最高出力の深紫外LEDを開発 - 本格普及に向け大幅前進

NICTとトクヤマ、世界最高出力の深紫外LEDを開発 - 本格普及に向け大幅前進
情報通信研究機構(NICT)とトクヤマは4月1日、深紫外波長帯(200~300nm)において世界最高出力となる90mW超の新紫外LEDの開発に成功したと発表した。同成果は米応用物理学会誌「Applied Physics Letters」電子版に掲載された。

深紫外LEDはウイルスの殺菌や飲料水の浄化、光加工、樹脂硬化、環境汚染物質の分解など幅広い分野で応用が期待されているが、光取り出し効率が極めて低く、実用化が困難な状況だった。

NICTとトクヤマは今回、新たに開発したナノ光構造技術を利用することでこの課題を克服。殺菌効果が最も高い発光波長265nm、電極メサ面積0.1mm2、室温・連続動作において90mWを達成し、実用上要求される水準を満たすことに成功した。

今回、実用レベルの深紫外LEDが実現したことで、既存光源との置き換えだけでなく、持ち運び可能なウイルス殺菌システムなどの開発につながることが期待される。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2022 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.