くらし情報『バナナマン・日村勇紀、迫力のゾンビ姿を披露「セリフも動きもなくて楽」』

2015年4月12日 14:30

バナナマン・日村勇紀、迫力のゾンビ姿を披露「セリフも動きもなくて楽」

バナナマン・日村勇紀、迫力のゾンビ姿を披露「セリフも動きもなくて楽」
映画『新撰組オブ・ザ・デッド』の初日舞台あいさつが11日、東京・新宿バルト9で行われ、キャストのバナナマン・日村勇紀、山本千尋、水樹たま、古旗宏治、川岡大次郎、チャド・マレーンと渡辺一志監督が出席した。

全国公開中の本作は、ゾンビに転生した武士の戦いを描くゾンビ時代劇。新撰組のお荷物隊士・屑山下衆太郎(日村)は、アメリカから来たゾンビに噛まれて、"サムライゾンビ"になってしまう。ゾンビの概念が無い京の町は、感染によるパニックに陥り――というストーリーで、日村が長編映画初主演を果たしている。

キャスト陣が劇中の衣装で颯爽と登場する中、日村は"サムライゾンビ"の姿で大立ち回りを見せ、「思ってるよりも早くゾンビになるからトイレに行かないで」とあいさつ。また、太極拳を得意とする山本は、「いつか時代劇に出たかったのでうれしかったです」とヒロイン役を喜び、「ゾンビ映画って怖いイメージがあるけど、何しろ主演が日村さんなので面白くなってる。私のアクションにも注目して」と笑顔でアピールした。

続けて、長編映画初主演の日村に、撮影の苦労を聞くと、「ゾンビって『あー』しか言わないから、セリフを覚える必要もない。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.