くらし情報『劇団EXILE・鈴木伸之、アクリル板超える長身に 「武士もビビってた」』

2020年12月14日 21:35

劇団EXILE・鈴木伸之、アクリル板超える長身に 「武士もビビってた」

劇団EXILE・鈴木伸之、アクリル板超える長身に 「武士もビビってた」

映画『ブレイブ -群青戦記-』(2021年3月12日公開)の製作報告会見が14日に都内で行われ、新田真剣佑、山崎紘菜、鈴木伸之(劇団EXILE)、渡邊圭祐、本広克行監督が登場した。

同作は笠原真樹による人気漫画『群青戦記 グンジョーセンキ』の実写化作。いつも通りの日常を過ごす高校生たちが、ある日突然学校まるごと戦国時代にタイムスリップ。スポーツの名門校で活躍していた彼らは「部活で培った身体能力」と「未来を知る現代人の知識」を活かして、戦国時代を生き延び、平和な現代に戻ることを目指す。

剣道部の主将・松本考太役の鈴木について、新田は「ノブくんは身長も高いし、生徒会長で前に出なければならない役。(自身が演じた)葵は内気でいつも後ろに隠れてるんです」と説明。「ノブくんは剣道部なので木刀を持って闘うんですけど、めちゃくちゃ身長高いじゃないですか。木刀で上段の構えが出ると、身長が3mくらいあるんですよ。その後ろにいるとすごく安心しました」と心境を明かす。

鈴木が「今も見てください、アクリルの高さとそんなに変わらない」とアクリル板の上から目を出すと、会場も驚き。鈴木は「日本のトップアスリート集団たちがタイムスリップして、野武士たちと戦い合うんですけど、武士たちが僕に相当ビビってましたね。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
YouTube
YouTube
上へ戻る

Copyright © 1997-2021 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.