くらし情報『ハイレゾプレーヤー「Fiio X3」の第2世代モデル - DSDネイティブ再生に対応』

2015年5月1日 12:13

ハイレゾプレーヤー「Fiio X3」の第2世代モデル - DSDネイティブ再生に対応

ハイレゾプレーヤー「Fiio X3」の第2世代モデル - DSDネイティブ再生に対応
オヤイデ電気(小柳出電気商会)は5月1日、ハイレゾ音源に対応したポータブルプレーヤー「Fiio X3 2nd generation」(以下、X3 2nd gen.)を発表した、発売は5月15日。価格はオープンで、推定市場価格は34,000円前後(税別)。

X3 2nd gen.は、2013年9月にFiioブランド初のハイレゾ対応ポータブルプレーヤーとして発売された「Fiio X3」の第2世代モデル。対応しているハイレゾ音源のファイル形式は、5.6MHzまでのDSD、192kHz/24bitまでのAPE、WAV、FLAC、ALAC、WMA、AIFF。X3はDSD2.8MHzまで(PCM変換)にしか対応していなかったが、X3 2nd genは5.6MHzまでのネイティブ再生に対応した。

DACチップはWOLFSON社の「WM8740」からシーラスロジック社の「CS4398」に、アンプはアナログ・デバイセズ社の「AD8397」からテキサス・インスツルメンツ社の「OPA1642」と「LMH6643」に変更されている。X3 2nd gen.は、44.1kHz系と48kHz系の2つのクロックジェネレーターを新しく採用。

関連記事
新着くらしまとめ
もっと見る
記事配信社一覧
facebook
Facebook
instagram
instagram
twitter
twitter
ピックアップ
上へ戻る

Copyright © 1997-2020 Excite Japan Co., LTD. All Rights Reserved.